--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーのカテゴリ :スポンサー広告
2010/11/25 18:55

ジョン・レノンを撃った男

いつも、パソコンの動画サイトでは、歌手のPVや映画の予告、ドラマやアニメ
さらには、おもしろ映像などをよく見ます。

今日、いつも通りにパソコンしてて、yahooのトップページ見てたら特集やっててさ。
ビートルズのジョンレノン生誕70周年特集。
ジョンレノンについて、いろいろ書いてあったんだけど、その中にこの映画があって。

『ジョン・レノンを撃った男』
あの時彼は何を思っていたのか――。ジョン・レノン殺害犯=マーク・D・チャップマンの心の闇に迫る衝撃の物語。リボルバーを手に入れ、「ライ麦畑でつかまえて」を読み、ダコタ・ハウスで待ち伏せをする。本作では世間によく知られているこれらの事実以外にも、ニューヨークへ来る前の妻との生活や、逮捕後の獄中生活など、ジョン・レノン殺害に至ったチャップマンの心情が、詳細まで描かれている。2008年英国アカデミー賞新人賞にノミネートされた作品です。(2006年 / イギリス)

ジョンレノンは、ファンに撃たれて死んだのは知ってたけど、
撃った人がどんな人かは知らなくて。

軽い気持ちでGyao動画見てたら、2時間フルで見てしまった・・・
恐るべし映画のチカラ。
っていうか、2時間釘付けで見れる時間がある舞こんも恐るべしだけど・・・

で、内容(結果)。
なんか、ジョンレノン完全に通り魔に会ったって感じで。

撃った人の気持ちがあまり理解できなかった・・・
ってか撃った人、本の主人公になりきってるし。

ホント謎の発砲って感じでした。
オノヨーコも目の前で旦那撃たれて、たまらんかったと思うな。
いろんなことがあっての、生誕70周年を迎えるみたいです。

コメント (1) トラックバック (0)

このエントリーのカテゴリ :わたし

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント

    • No title
    • すのぅ【URL】[ 編集 ]
    • 2010/11/26 11:36
    • 2時間乙です。内容興味深いけど2時間観る体力がなーい(笑)時間はあるっちゃあるんだけどねぇ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。