FC2ブログ
2011/02/09 11:41

受験生の夜食メニューにオススメ!「りんご」が脳機能活性化へ期待!

受験シーズン真っ只中ですね。
受験生の皆さんは、今まで頑張ってきた成果を発揮するときがきました。

受験生の皆さんも大変ですが、
側で支えるお父さん・お母さんも影ながら努力をしていると思います。

今回、青森県りんご対策協議会という社団法人が 受験生の「間食」「夜食」事情を探るべく、
小学校6年生の受験生を持つ母親 193 名、中学3年生の受験生を持つ母親 307 名に対して、
「受験生に関する意識調査」を行いました。

意識調査の内容は、受験生の間食と夜食について。
実際に食べている間食・夜食と、理想的に食べさせたい間食・夜食は何かというものを
調査しました。

調査結果の一部を紹介します。

調査の結果、間食で食べさせたいものは
・1位 フルーツ
・2位 おにぎり
・3位 肉まん

でも、実際に食べてる間食は、
・1位 スナック菓子
・2位 チョコレート
・3位 肉まん   

受験生の間食 現実は「スナック菓子」、母親の理想は「フルーツ」という結果に。  

本当は、ビタミンが豊富で健康にも良い「フルーツ」を食べさせたいけれど、
手っ取り早く済むスナック菓子で済ませてる方がほとんどでした。

さらに、「子供の受験ストレス」が気になるか?についても調べたみたいで。

7割のお母さん達が子供たちはストレスを感じていると思っていました。

理由としては、
・子供の成績が悪い時
・過酷な受験勉強をしている子供の様子を見た時
・寝不足の日々が続いている時
などなど。

確かに、受験生はこの時期精神的にも肉体的にもピークになってると思う。
頑張っていても結果が出ないと、本当に辛いだろうし
どうしていいか分からなくなると思います。

その状態を、一番近くで見つつ、でも手を差し伸べてやることも出来ない
お母さん達もとってもストレス感じるだろうなって思います。

もっと詳しく知りたい方はご覧下さい。 → 調査結果の詳細はこちら
なるほど!という結果になってると思います。


そんな受験ストレスに救世主!
なんと、りんごで“脳機能活性化”が期待できるみたいです。

説明します。
コルチゾールという脳を刺激して記憶力を悪くする物質がいます。
こいつはストレスにより増加するのでストレスを感じれば感じるほど、
覚えたいものが覚えられない結果に・・・受験生にとってマイナスです。

そんなコルチゾールと闘ってくれるのが、神経伝達物質アセチルコリン。
アセチルコリンは、記憶や学習能力など脳機能活性化を行ってくれる物質です。
このアセチルコリンの低下を防いでくれるのが、りんご(果汁)なんです。

りんご(果汁)を摂取すると、アセチルコリンの低下を防ぎ、
記憶や学習能力など脳機能活性化が期待できるということのようです。


そんな救世主のりんご活用術を教えてくれるサイトがあるので載せておきます。
top1.jpg
健康果実 青森りんご
青森りんご PC版はこちら
青森りんご モバイル版はこちら
こちらでりんごレシピを見て受験生の後押しが出来ればいいですね。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログからの紹介です。
コメント (0) トラックバック (0)

このエントリーのカテゴリ :レビューブログ

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント