--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーのカテゴリ :スポンサー広告
2012/07/23 16:47

野外活動

先週の木・金・土曜に息子クン野外活動に行ってきました。
場所は島根県の三瓶山です。

ってか、息子クンの野外活動内容が舞こんの頃と若干違っててさ・・・
なんか時代の流れを感じちゃいました。
なんで、皆さんにも感じていただきましょう。

~まずは、約20年前の舞こんの野外活動~

場所は海というか、島に隔離って感じでした。
少年自然の家的な宿泊施設にお泊り。

海なのでカッター訓練がありましたね。
やたら怒鳴りつける教官がいたりして・・・

飯ごう炊飯もあったな。
もちろんメニューはカレーですよね。
飯ごうのご飯はおこげって感じで。

飯ごう炊飯の時も片づけが面倒くさかったイメージ。
ここにも鬼教官が居たような。
汚れが取れてなかったら洗い直し的な・・・

夜は、キャンプファイヤーだよね。
木に雑巾巻きつけて、油を染み込ませてファイヤートーチを使用。
みんなでトーチもって火を楽しんだよね。

寝るところはバンガロー。
なんか、下がゴツゴツしてるし、虫の声がうるさいしで寝れなかったイメージ。
ついでにやたら暑かった思いであるな。

あと、オリエンテーリングとか。
舞こんの班は森で迷子になっちゃったんだよね。
下山したところに民家があって、そこのおじいちゃんに宿泊施設付近まで連れて行ってもらった的な。

なんか、野外活動は窮屈な生活ってイメージだね。


~時代が変わって、息子クンの野外活動~

場所は山。しかも県外だよ。
大人にも開放してるような、民間施設にお泊り。

山だから登山。
頂上でお弁当を食べるんだけど、お弁当は施設の方が作ってくれます。
登山だから、とくに怒られることもなく。
和気あいあいと上り下りを楽しんだ模様。

飯ごう炊飯はありません。
今のご時世、食中毒とか気にしちゃう感じ。

なので、朝昼晩3食バイキングです。
好きなものだけ食べればいいみたい。
ついでにジュースも飲み放題。

食堂で食べるから、洗い物なんてしなくていいし。

飯ごう炊飯の代わりに、星空観察だって。
晴れてたから特大望遠鏡で土星みたんだって。
雨だったらプラネタリウムだったみたい。

なんか、柔らかな野外活動だよね。

キャンプファイヤーもトーチとかじゃなくて、キャンドルファイヤー。
ロウソクに火をともしてやるんだって。
それって雨の日じゃんって思うけど、エコなんですよ。
(トーチの木がエコじゃないらしい・・・)

さらに、寝るところが違ってて。
まず野外で寝ることはありません。
一部屋4~5人でベッドですよ。
二段ベッドじゃなくて、ビジネスホテルのような個別ベッド。
しかも冷暖房完備だし。

ふとんもフカフカで朝までぐっすりだったみたい。
なんか窮屈さを微塵も感じないけども。

オリエンテーリングは時代を超えて継続中みたいでした。
まぁ息子クンは、誰も迷子とかおらんかったって言ってましたがね。

あと、カプラって遊びをしたみたい。
積み木なんだけど、一種類の木だけで色んな物を作るみたいな。
高く積み上げたり、立体的にしてみたり・・・
団結力が高まるらしいよ。

そんな感じで、時代が変わるとやることも変わってくるんだね。
なんか、野外活動って大変なイメージあったけど、今はそうでもないみたい。
インドアの息子クンが、全く疲れることなく帰ってきました。



コメント (0) トラックバック (0)

このエントリーのカテゴリ :子ども

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。