--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーのカテゴリ :スポンサー広告
2013/06/24 16:23

「ドクタージャルト(Dr. Jart+)」

ワーカーホリックのモニターに参加しています。
今回は、ご紹介商品が5品あるので、2つのブログに分けてお伝えします。
こちらでは、「ドクタージャルト(Dr. Jart+)」製品3品をお伝えします。

まずは、韓国でブレイクした、「ドクタージャルト(Dr. Jart+)」シリーズから。
さまざまな分野を研究してきた、21人のドクターの叡智を結集させて作られたブランドです。
美容大国の韓国人女性の心を鷲づかみにした商品なんで気になります。

P1110667_convert_20130624151213.jpg
【DrJart+(ドクタージャルト)リジュビネーティングビューティーバーム シルバーラベル】

こちらは、スムージング超密着パウダーによる細やかなカバー力があるBBクリーム。
水素水のノルデナウ水を配合しました。
SPF35/PA++なんで、普段使いにちょうど良い商品です。

早速、商品を使用してみましょう。
P1110668_convert_20130624151233.jpg
グレーに近い色合いのクリームです。
柔らかいクリームなんで伸びはいいだろうな。

お肌との色合いがちょっと違うので、色浮は大丈夫かなって思います。
心配をしつつ、お肌に伸ばして馴染ませました。
P1110669_convert_20130624151255.jpg
心配なんて吹っ飛びました。
なんだろう、スーッと伸びていくクリームはお肌とみるみる内に馴染んでいき
気付くととってもキレイなお肌の完成です。

シミやニキビ跡はキレイに消えてるし、お肌の明るさはワントーン明るくなってます。
さらに、シワも目立たなくなってて、ハリツヤが出来上がってます。

クリーム塗っただけで、お肌見違えるようにキレイになってます。
下地の段階でキレイに仕上がったので、この後の化粧がとっても楽ちんに出来ました。

続きまして、こちら。
P1110675_convert_20130624151434.jpg
【DrJart+(ドクタージャルト)CC Essence Balm 】

アメリカの有名化粧品専門店セフォラで売上1位のBBクリームのドクタージャルト
ドクタージャルトのBBクリームの進化系として注目のアイテム。
お肌が乾燥しないの吸着力に優れたファンデーションです。
お肌のキメをなめらかに見せてくれ、日焼け止めの効果もあります。

こちらの商品は、パカッとふたを開けたらビックリな商品でした。
P1110676_convert_20130624151459.jpg  P1110677_convert_20130624151517.jpg
パカッと開けると、まずはパフが出てきました。
驚きはその下です。
さらにパカッと開けると、ぐるぐる渦に巻いたファンデーションが。
ぐるぐる感がとってもキレイで見とれます。

どうですか?とってもキレイでしょ。
使うのがもったいないくらい。
この渦に隠された人気の秘密を探ってみます。
P1110713_convert_20130624151533.jpg
ファンデーションをパフにとってみました。
しっとりとしたクリームファンデなんですね。
チークのようなサラサラパウダーなのかと思ってました。

舞こんは乾燥肌なんで、クリームファンデは好きです。
いつもはリキッド使ってますがね・・・

お肌にパフを当てると、しっかりとお肌にファンデが吸着します。
お顔の高い部分に点々とファンデを当てていき、そこから外に外に伸ばします。
気になる部分は、ポンポン叩いて馴染ませます。

お肌の凹凸がなくなって、きめ細かなお肌になりました。
お肌全体がつややかで、みずみずしいです。
チークやパウダーで仕上げるとキレイに仕上がりました。

乾燥が気になる舞こんですが、このクリームファンデだとしっとりが
ずっと続いてるから気になりませんでした。
化粧崩れも気にならないくらい、キレイさが持続しています。

さすが、1位になるくらいの人気商品だなって実感です。

最後は、これです。
P1110672_convert_20130624151341.jpg
【DrJart+(ドクタージャルト) V7 ビタレーザー2.1】
こちらは、広告主様からのご厚意でサンプルいただきました。

気になる肌むらにアプローチし、美しくハリのある肌を目指すエイジングケアクリーム。
7つの必須ビタミンを肌に与えることで、透明感のある健やかな肌に導きます。

最先端の皮膚科学に基づいて開発されたエイジングケアクリームとのことで、
若干弱りつつある舞こんのお肌を再生させたいと思います。
P1110673_convert_20130624151359.jpg
化粧水の後、または乳液、クリームの前に少量を指先にとり、肌の気になる部分に塗ります。

豆粒程度の量に見えますが、これが結構伸びるんです。
伸ばすと透明になり、素早くお肌に浸透していきます。

目元や口元、ほうれい線など、シワが気になる部分は集中的に塗っていきます。
乾燥が気になる部分にもしっかりと塗っていきます。

クリームがお肌に馴染んだら、しっとりお肌の完成。
お肌がピンっと張って、ハリツヤがあります。
さらに透明感も出てきてていい仕上がりです。
舞こんは、美容液の代わりに使用しています。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログにて。
コメント (0) トラックバック (0)

このエントリーのカテゴリ :レビューブログ

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。